DIYしてみよう 「ミケにゃ!」

DIY・自作・手作り等、自分で作る、試す事が好き

キャットウォークを作ろう! その一 猫用吊り橋を作成したよ 〜DIY・作り方〜

  しばらく更新が空いてしまいました、また時間が取れるようになってきたので、ボチボチ更新します。よろしくお願いします。

 

 さて今回はキャットウォークを作ろう!ってことで、1回目は猫用の吊り橋をDIYした記事を書いてみるよ。

 

 早速出来上がり後の写真から紹介

f:id:leon1248:20200704085838j:plain

キャットウォーク 猫用 吊り橋 作り方 DIY


 キャットウォークの終着点、猫島から、作り付けの本棚へと至る、猫用吊り橋だよ。

市販品はいくつか見つかる物の、強度や固定法などなかなかウチの猫に合いそうなものがなく、自作することにしました(うちのココア(猫)は体重5.4kgと、なかなかの大きさなのです)。

 

 

f:id:leon1248:20200704085942j:plain

キャットウォーク 吊り橋 材料


ベースとなる木材は、手持ちの在庫から切り出して作りました。厚み18mmのパイン集成材を190mm×170mmにカットして、猫が怪我しないように、フチをトリマーで丸みをつけて磨き、オスモカラーで着色しました。

 

 踏板は幅が狭いほど吊り橋感の演出ができるのですが、揺れも大きくなるし、奈良よりたくさんの板を加工するのが手間なので、この大きさで決定です。

 

f:id:leon1248:20200704090130j:plain

猫用吊り橋の踏板は、荷締めベルトを利用してタッカーと木工用ボンドで固定



 踏板一枚一枚に、穴を開けるのは手間がかかるし、スマートに見えない、ロープも長くなると価格が高いので、固定方法を考えながら、ホームセンターを歩いて考えた。それで思いついたのがこの方法。引っ越し荷物や、バイクなどを固定する荷締めベルトを利用する方法です。

 

 ホムセンではベルト単体で購入できなかったので、アマゾンで発注ロープより安く購入できました。

 

  上記のベルトを使用、20m分購入したけれど、10mで十分足りました。荷物を固定するものだけに、強度はバッチリ、幅広なのでボンドの付け代も大きくよい感じでした。

 

f:id:leon1248:20200704090050j:plain

木工用ボンドで補強します


 

マックス(MAX) ガンタッカ TG-A(N)

マックス(MAX) ガンタッカ TG-A(N)

  • メディア: Tools & Hardware
 

  ベルトと板の間に、木工用ボンドを入れながら、タッカーというホッチキスのお化けみたいなので、バチンバチンと固定していきます。

 

f:id:leon1248:20200704090213j:plain

両端には吊り橋固定のために、ベルトを出して折り返します


互い違いにベルトを挟んでいき、端は固定用のベルトを残すとよい感じです。写真右側はベルト残し忘れて、この後やり直ししています。

 

 

f:id:leon1248:20200704090236j:plain

板材でベースとの間にベルトを挟み込んで固定します 


先ほど出したベルトの端を、板材でサンドイッチしてタッカーで仮止めします。ベルトを切った面は解け防止に、ライターで少しあぶっておきました。

 

ベルトを貫通するように木ネジを打って本固定、補助にここにも木工ボンドを入れてあります。

 

 高所での作業となるので、段取りをよく考えて気をつけて作業します。

 

f:id:leon1248:20200704090301j:plain

猫用吊り橋、踏板の完成 (キャットウォーク)


 両端面を同じように固定したら、吊り橋としては利用できます。が、これではちょっと味気ないので更に改造していきます。

 

f:id:leon1248:20200704090326j:plain

猫用吊り橋 作成中


 ホームセンターで直径30mm×300mmの丸棒を2本買ってきました。家庭用の手すりより若干細い丸材で一本400円くらいでした。

 

 

f:id:leon1248:20200704090347j:plain

オスモカラー(ウォルナット色)で着色すると良い感じの色合いに


ロープを通すための穴を二箇所開けて、角を丸め二等分します。

 

f:id:leon1248:20200704090429j:plain

インパクトにフォスナービットを取り付け、支柱を立てるための座繰り穴を開けます


養生されているのでちょっと写真見にくいのですが、土台部分に支柱を立てるための座繰り穴を開けました。 直接支柱を建てると強度を確保するのが難しいので、この方法を取りました。

 

  我が使用しているのはこのフォスナービットです。六角軸なので、インパクトレンチにワンタッチで固定でき便利です。先日穴あけ中に釘を引っ掛けてしまい、一つは先を痛めてしまいもう1セット購入しました。 切れ味も精度もバッチリです。

 

 

f:id:leon1248:20200704090558j:plain

支柱が建つだけで吊り橋の雰囲気が出てきますね


開けた座繰り穴にボンドを入れ、ベースの裏側から長い木ネジを入れて引っ張り、支柱を立てました。木ネジは二本入れると、支柱が回ってしまうのを防げます。

 

f:id:leon1248:20200704090624j:plain

踏板にロープを通すためのマルカンを取り付けます


空中に固定した踏板に穴を開けていくのは困難なので、側面にたくさんのスクリューアイフック(マルカン)をつけました。

 

 

  このような形状のものです、Amazonより百均の方が安くていっぱい入ってます

 

 次に、ロープがわりにパラコードを購入しました。下のパラコードの白色30mを購入。

  パラコードは丈夫で安く、色の種類も多いので選ぶカラーでだいぶ雰囲気の違う吊り橋が作れると思います。 1.8m程の吊り橋で20mくらい使用しました。

 

f:id:leon1248:20200704090711j:plain

パラコードで、ロープを貼っていきます 〜猫用吊り橋作ろう〜


支柱の穴とアイスクリューを利用して、パラコードを張っていきます。ロープの貼り方は調べても良くわからなかったので、それっぽく張ってみました。

 

ある程度長さを持ったまま張っていくので、油断すると絡まります、よく癖を直しながら張っていくと良い感じでした。

 

f:id:leon1248:20200704090744j:plain

無事完成した キャットウォーク吊り橋


ロープを貼ると吊り橋の雰囲気がグッと良くなって満足です。 上の方に取り付けるとはいえ、リビングから見える位置なので、見栄えも大事なのです。

 

 

f:id:leon1248:20200704090811j:plain

ココア吊り橋を前に固まる...


 何度か足を踏み出すのですが、揺れが怖いのかまだ吊り橋を渡ってくれません。早く渡れるようになってほしいな

 

 

 市販品にはこんなのありました。この布を板で挟んで固定しているのを見て、吊り橋を土台に固定する方法を思いつきました。

 

 

 今回使用した塗料です。 匂いも比較的優しく猫も嫌がりませんでした

 

 

 使用する時にバッテリーが充電されてないってことがなくて便利です。何より安いしバッテリーに起因する劣化もないしね。 これでブレーキがついてれば完璧なのでが

玄関脇を人工ウッドデッキで拡張してDIYで宅配ボックスを設置したよ (人工木材でウッドデッキをDIYする・パナソニックコンボ comboミドルサイズDIY設置)

 我が家の玄関はちょっぴり狭く、宅配ボックスやポストを取り付ける場所がな〜い!

 

 というわけで、人工木材でウッドデッキを作り、宅配ボックスをDIYで設置したお話を書いてみるよ。

 

 

f:id:leon1248:20180726215733j:plain

 DIY設置直後の宅配ボックス&ポスト。

 

ポストはステンレス製の銀色を真っ白に塗って設置したよ。

ではウッドデッキ建築から記事を書いてみるよ。

 

続きを読む

<リビングシアターが作りたいっ>リビングシアターは以外と難しい <投影距離と照明機器の関係・HDMI/スピーカー線の埋め込み>

リビングシアターが作りたいっ! 

リビングシアターとは?

 シアタールームが新築時組み込めるほど財力があれば別ですが、なかなか専用シアタールームを自宅に持つのは難しいもの。

 

 次点としてくるのがリビングシアターではないでしょうか。リビングのテレビ前に、スクリーンを下ろしたり、白い壁を作って投影したり。

 

 マイ映画館でお酒でも飲みながら映画を見るその実現がリビングシアターです(現実は子供の相手をしながらとかかもしれませんが)

 

f:id:leon1248:20170104171929j:plain

 (写真は手持ちストックから、特にタイトルとは関係ありません)

続きを読む

【本人申請にて地目変更登記を申請してみた】畑から宅地へ 農地転用許可無しでも地目変更登記ができるのか?

 昨日取り壊しが終わった建物(小屋)、取り壊し後に新しく家を建てるには、登記上の地目を畑から宅地にしておく必要があるとの事。(これについては下記で詳しく)

 取り壊した小屋は昭和33年に建築されたらしいのだが、調べてみると建物は未登記、登記上の土地の地目は畑及び山林となっていた。もちろん課税上は宅地としての課税がされており、20年ほど前にあった相続でも宅地として処理しているにもかかわらず、地目の変更がなされていなかったのだ....

f:id:leon1248:20160505213027j:plain

 

blog.mikenya.com

 

続きを読む

【電力線をどう走らせるか】電柱を建てる話その4

マイ電柱を建てる代わりに敷地内の電柱を移設

 ちと図がないと話が分かりづらいので、簡潔ではあるが電線の配置図を作成してみた。現状は電線他、ケーブルやNTT線が、取り壊し予定の小屋を電柱代わりに使用して母屋に引き込んでいた。

 

f:id:leon1248:20160505200116j:plain

 

 このままでは小屋の解体ができないため、近くの電柱を敷地内にで移設してもらう事で、小屋に取り付いた電線をついでに取り外して再配線していただこうというのが前回までのお話。

 

blog.mikenya.com

 

続きを読む