読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYしてみよう 「ミケにゃ!」

DIY・自作・手作り等、自分で作る、試す事が好き

葡萄棚、パーゴラを作ろう <DIY・藤棚・パーゴラの作り方>

建築DIY 木工DIY 家庭菜園

 

 ログハウス裏手にパーゴラ(葡萄棚)を作ったよ、塗料は取り寄せ、材料はホームセンターで買って、ちまちま加工して作りました。
 
中々いい感じに仕上がったよ。これは大物だけに木工というより大工仕事だね。

 簡単に作り方と注意点を書いてみるね。

f:id:leon1248:20160124091847j:plain

 材料

f:id:leon1248:20160124091933j:plain

まずは基礎工事から、基礎は4×4材用の、市販4×4 90角束石を二個使用するよ。

(片側はログハウスの壁に直接固定するので、今回は片足型のパーゴラ作りだよ)

 

束石を使用するのは、柱の固定を頑丈にする他、柱の腐食を防止するためだ。

地面に直接木材を設置すると、水に濡れやすい下のほうから傷んでしまうからね。

 

他に材料はセメント一袋、砂40kg、砂利40kgを使用してコンクリートを作ろう。

 

f:id:leon1248:20160124092230j:plain

建築場所はこんな感じ、ログハウスの裏手に、葡萄が生えてきて、ツタを生やす先が無いみたいなので、パーゴラを作ってあげようと言うわけ。

 

束石の半部くらいを埋めたいので、スコップで250×250程の穴を掘ったよ。

 コンクリートを捏ねよう

f:id:leon1248:20160124092508j:plain

ではコンクリートを捏ねよう。

まずはセメントと、砂をよく混ぜ合わせる。隅に玉が残りやすいので注意しよう。

最初から水を入れるとくっついちゃって混ぜるのが大変だから、水なしで十分混ぜたほうがいいよ。

 

よく混ざったら砂利を投入、さらに軽く混ぜてから、半分量の水を入れてこねる。少しずつ水を加えながら捏ねたしていく。もっちゃりした感じになればok

 

コンクリード柔らかすぎると束石が自重で沈み込んでしまって水平出しが難しくなるので、水の量はシビアに計算しよう。

 

 この手の小さな鍬があると少量のコンクリート作成が楽だよ

GARDEN FRIENDS 片手鍬 巾広 390mm

GARDEN FRIENDS 片手鍬 巾広 390mm

 

 

f:id:leon1248:20160124092735j:plain

出来上がったコンクリートを先ほど掘った穴に投入。

 

f:id:leon1248:20160124093230j:plain

束石を乗せたら、柱を一旦横に置いてみて、水平を調節しよう。

 

f:id:leon1248:20160124093318j:plain

柱の上に水準器をおけば簡単に水平がわかるよ。高いほうをゴムハンマーで叩いて調節するよ。水平器は100均で購入のものだけど、このくらいの建築ならこれで十分使える。

 

f:id:leon1248:20160124093506j:plain

水平が整ったら、余っているコンクリートを全部流し込んで安定させる。

 

木材を加工しよう 

f:id:leon1248:20160124093813j:plain

次に木材を加工していくよ。今回購入したのは、ホームセンターでよく売られている4×4の防腐処理済の柱2本と、補強用の2×4材が二本、棚板材として、両端を2×4材、中間の棚材として1×4材を使用したよ。

 

トリマーでほぞを切ろうと思ったけれど、これだと深さに限界があるね...というわけで作戦変更

 

f:id:leon1248:20160124094236j:plain

丸鋸で5ミリ刻み程度に切断溝を入れて..

f:id:leon1248:20160124094325j:plain

ノミとカナヅチでハツル! トリマーよりこっちのほうがよっぽど簡単キレイに深溝加工ができるや。底面に残る段も、ノミで少し整えるだけで綺麗になるよ。

 

f:id:leon1248:20160124094450j:plain

柱の加工が終わったら、棚板の加工。まっすぐストレートでも使用上の問題は全くないんだけれど、ちょっとだけアクセントに板端を斜めにカット。

これだけの手間でずいぶん見た目の感じも変わってくるよ。

 

f:id:leon1248:20160124094610j:plain

枚数のある棚板は、クランプでまとめると、丸鋸も安定して走るし、一度に長さの揃った溝加工ができて一挙両得!

 

f:id:leon1248:20160124094812j:plain

加工の終わった材料たち、なかなかソレっぽくなってきたね。

 完成!

f:id:leon1248:20160124094928j:plain

ここまでくれば組み立ては簡単、基礎が固まってから柱、補強材、壁付けの板の順で組み立てる。固定は主にシンプソン金具を利用、後錆防止にステンレス製のコースレッドを使用したよ。

 

f:id:leon1248:20160124095238j:plain

ログハウスと同じ色に塗装して完成、紫外線が強い場所だから塗装は2度塗り、束石とと柱の防水と固定を兼ねてコーキング材で隙間埋めを行ったよ。

 

完成から5年を経て

現在建築から現在5年目、ぶどうの木もしっかり大きくなり、毎年10キロ以上の実を収穫しています。パーゴラも最初の塗装をしっかりしたので、特に痛みは見られません。まだ何年も活躍してくれることでしょう。

 

建築2011年、記事作成2016.1.28

 

 シンプソン金具はいろんな種類があるからホームセンターで材料片手に見るほうがいいね

 

 

mikenya.hatenadiary.jp